読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志田の柳谷

引越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。



しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、大家さんや管理人といった立場の人にエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるべきです。

管理側から見ると、エアコンを残して行ってもらうと、次の入居者がすぐそれを使うことができますから、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。こういった場合ですとエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、幾分か費用が安くできるでしょう。

煩雑な書類手続きも、引越しの時には増えてきます。
それらの中でも、特に大事なものと言えば自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。
普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は免許証がよく本人確認書類として機能しているため、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。
しかし、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。

警察署で手続きができる書類ですから、免許証と一緒に手続きをしておけば少しは楽でしょう。大抵の引越しにおいて、意外と費用がかかってしまうが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。
エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、取り付け費用も、一台について1万円くらいはかかるのが普通です。もし、エアコンの工事も引越し作業としてサービスでついている場合はそれ程高額にはなりません。


でも、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々よく検討しましょう。

ただ言えることは、古いクーラーだったら買い替えた方が、電気代は得するようです。
引越しのやり方は色々ではあるものの、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。
ですがそうして任せてしまうにせよ、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、業者の作業を見ておいた方が良いです。もしも、業者の人が大型の荷物を運んでいる時に誤って傷を作ったり壊したり、といったことになると、業者は、約款により補償を行わないといけません。ただし、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか主張しないといけないからです。何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。
住まい探しについては、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。どこにでもありそうは不動産屋さんでしたが、とても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。
違う不動産屋さんも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できるということを教えてもらいましたから、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。荷物の数や移動距離の違いで引越しにおける相場も変わることをご存知ですか?格安で引っ越しをするためにもまずは色々と情報を集めて大体の目安を付けるために基本的な相場を理解する必要があるのです。その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのがおススメだと言えます。

荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから何より大切だと言えます。

そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくと便利かというと、事と次第によるものの、引越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておきちょっと念入りに、だいたい、転居してくる約一週間前には使えるようにしておくことができれば、安心です。
引越しにあまりお金はかけたくないという人の味方になってくれるのが赤帽です。


ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには評価が高い引っ越し業者です。

料金設定は時間制のものが多いので、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば作業の時間を短くすることが可能です。軽自動車をつかう赤帽ですが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。


引越しをするにあたっては、スムーズに準備を進めることも大事なのですが、覚えておかなければならないのは出費をどうやって格安に抑えるかということでしょう。
思いもよらない出費が続いたりして、予算をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。見積もりを依頼する時に、安い業者を選択できるかどうかが重要ですので、インターネットの一括見積サイトで複数の業者の見積もりをとって比較検討しましょう。



もしも引越して、住まいの住所が変わったら、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。

ところで、資格喪失の方は古い方の住所で、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して手続きをします。誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。
引っ越し業者さんの段ボール箱は使いやすい!